認定看護師をめざすには

認定看護師をめざすには

看護師の中でも、特定の分野において専門の知識や技術を持っていると 認められている者について、「認定看護師」と定められることがあります。

病院で働く看護師は、専門教育を受ける中で得た知識をもとに 患者さんのケアに当っていきます。でもそれぞれの現場で特別な 知識を必要とされたり、特殊な対応を求められることもあります。

医療の現場は高度に専門家している分野もあり、それにふさわしい 知識や技術を持っていると制度委員会が認めたものを認定看護分野と しています。

認定看護分野は新しい内容についてそれぞれ審議を行い、理事会での 承認を得て追加されていきます。現在多くの認定看護分野が定められています。主なものをいくつか 挙げてみたいと思います。

・緩和ケア
・救急看護
・がん化学療法看護
・訪問看護
・感染管理
・糖尿病看護

上記以外にもまだまだたくさんの認定看護分野があります。 認定看護師とは、こうした特定の分野において熟練した知識・技術を 持っていると認められた看護師のことです。

認定されるためには審査に合格しなければなりません。 またレベルを落とさないために5年ごとに更新審査を受ける必要があり、 かなりハードルが高いものとなっています。

専門分野において高度な知識や技術を有すると認められる認定看護師は キャリアアップのための大きな目標ともなります。 でも誰でもなれるわけではなく、条件が設定されていますから、 まずはその条件を満たすようにしなければなりません。

看護師の資格を取得した後、実務研修を5年以上受ける必要があります。 そのうち3年以上は認定看護分野の研修です。 そして認定看護師の教育課程を6ヶ月にわたって受講しなければなりません。

認定看護師教育機関は全国でも限られた場所にしか設置されて いないので、通学するために職場を休んだり、転居しなければ ならない場合もあります。 教育課程の受講を終わると筆記試験があり、それに合格するといよいよ 認定看護師として認められることになります。