男性も助産師になれる?!

男性も助産師になれる?!

海外では、助産師として活躍している男性が多数存在しますが、日本国内には男性の助産師は存在しません。

現在のところ、助産師の資格取得を許されているのは、女性のみなのです。男性の看護師は存在するにもかかわらず、なぜ助産師の場合、資格取得すら認められていないのでしょうか。

いくつかの理由があるといわれていますが、中でも有力なのは特殊性の高い仕事だからという意見だといえるでしょう。

そもそも、助産師は正常分娩にも携わる仕事です。そのため、助産師が男性であることに対して、産婦が嫌悪感を抱いてしまう心配があるといわれています。

とはいえ、産婦人科や婦人科で勤務する医師は、男性がほとんどですし、出産する時も男性の医師が処置にあたりますので、助産師のみ男性が許されないというのはおかしな話です。

しかし、法が改正されるまでは、男性に対して試験資格が与えられることはありませんので、様子を見るしかなさそうです。

そのため、どうしても助産師として活躍していきたい男性は、海外で仕事をするしかないでしょう。

海外であれば、男性の助産師は珍しくはありませんし、日本にはない最先端の医療に携わることもできます。

そして、日本でも男性助産師が許される日が来た際に、帰国して助産師として働くのも、選択肢として悪くはないでしょう。

その他の方法としては、産婦人科で看護師として働きながら、現場のことを学んでいくという進路もあるといえます。

いずれにしろ、資格取得が許されるまで大人しくしていては、いつまでたってもスキルや知識は身につきませんので、何らかのアクションを起こす必要があります。

一方、女性の場合は、一定の条件さえ満たせば、誰でも助産資格試験を受け、合格後は資格を取得することが可能です。以上、男性の助産師になれるかどうかについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

ご紹介したとおり、いざ資格取得が可能となった時に、すぐに動けるよう、様々な準備をしておくことをおすすめします。